« ■子ども向け人権絵本 | トップページ | ■世界子供白書2004 »

2004.04.01

■子ども向け人権絵本

ポプラ社から、平野も参加した小学校高学年~中学生向けの絵本シリーズ「わたしの人権 みんなの人権」が出ました。「自分と人とをたいせつにする」ための「新しい人権の本」がコンセプト。昨日(3月31日)はその出版記念の打上げでした。全6巻のタイトル・編著者は以下のとおりです。

わたしの人権 みんなの人権(監修・荒牧重人、2004年)
1.“自分をたいせつに”からはじめよう(佐々木光明)
2.いじめ、暴力、虐待から自分を守る(坪井節子)
3.意見をいって自分もまわりも変わる(喜多明人)
4.いろいろな人の人権を考える(石井小夜子)
5.立ちあがる世界の子どもたち(甲斐田万智子)
6.情報を得ること伝えること(野村武司・平野裕二)

平野が参加した第6巻では、携帯電話、インターネット、メディア・リテラシー、個人情報保護などの問題を取り上げています。まだ全巻に目を通してはいませんが、いずれの巻も、おとなが読んでもいろいろ考えさせられる内容の濃いものになっているようです。Amazon.co.jpでは各巻とも「在庫切れ」になっていますが、これはいまのところセット販売のみという趣旨。セットでご購入いただければ版元も平野もたいへん喜びますが、なかなかそうもいかないでしょうからお近くの図書館等にリクエストしていただけると幸いです。

追記(2004年6月25日):もう各巻ごとの注文ができるようになっています。

|

« ■子ども向け人権絵本 | トップページ | ■世界子供白書2004 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■子ども向け人権絵本:

« ■子ども向け人権絵本 | トップページ | ■世界子供白書2004 »