« ■CRC:リベリア報告審査 | トップページ | ■CRC審査:ミャンマー »

2004.05.27

■CRINMAIL577号

5月25日付CRINMAIL577号より。過去の記事(Archives)および購読登録はこちらから。

少年司法:虐待に直面するアジアの少年受刑者〔報告書〕 ユニセフの報告書"Justice for children: Detention as a last resort"が東アジア・太平洋地域の少年受刑者の状況について警鐘を鳴らし、拘禁に代わる措置の採用を呼びかけ。……プレスリリース全文
参加:国連子ども特別総会で得られた教訓〔刊行物〕 国際セーブ・ザ・チルドレン連盟子ども参加ワーキンググループが、国連子ども特別総会における子ども参加支援から学んだ12の教訓をまとめた。18歳未満の子ども代表の選出方法、子どもの保護、翻訳・通訳、「チャイルドフレンドリー」文書の作成、メディア対応、評価、フォローアップなど。報告書はこちらからPDFで入手可能。
児童労働:働く子ども・青少年世界運動第2回会議最終宣言〔ニュース〕 宣言で、働く子どもたちは貧困・搾取・差別を非難すると同時に、尊厳の保障された労働形態については、自分たちを「社会的主体」として確立し、「公正で連帯にあふれた政治的・経済的・社会的関係を示す」ことを可能にし、コミュニティや社会の生活向上につながるものだとして擁護。また、児童労働廃絶を目指すILO(国際労働機関)は「働く子どもたちの現実と搾取的労働に代わる現実的選択肢を理解していない」、児童労働に反対するグローバルマーチは「働く子どもとしての私たちの尊厳を傷つけ、私たちの権利を脅かしている」として、両者を批判した。あわせて新自由主義や多国籍企業も非難。……宣言はProNatsから入手可能とのこと。CRINMAIL575号で紹介された「児童労働に関する子ども世界会議」の宣言と比べてみるのもよし。
先住民族の子ども:先住民族の子どもに対する暴力を防ぐ〔会議〕 詳細(PDF)はChildren As Partners(International Institute for Child Rights and Development)へ。

|

« ■CRC:リベリア報告審査 | トップページ | ■CRC審査:ミャンマー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10627/661782

この記事へのトラックバック一覧です: ■CRINMAIL577号:

« ■CRC:リベリア報告審査 | トップページ | ■CRC審査:ミャンマー »