« ■CRC勧告の特徴9 | トップページ | ■チャイルドラインの国際動向 »

2004.05.30

■CRINMAIL578号

5月27日付CRINMAIL578号より。過去の記事(Archives)および購読登録はこちらから。

コンゴ民主共和国:国連平和維持要員がキャンプの女子に性的虐待〔ニュース〕 ソース:記事全文
児童労働:最悪の形態の児童労働条約に150番目の締約国〔ニュース〕 キルギスの批准により最悪の形態の児童労働に関するILO182号条約の加盟国は150に。ILO加盟国全177か国による批准も間近か。……ソース:ILO プレスリリース全文
人権:アムネスティ・インターナショナル報告書2004〔報告書〕 詳細はアムネスティ・インターナショナルおよびアムネスティ日本まで。
子どもの人身取引:子どもは商品? 子どもの人身取引と対応〔報告書〕 NGO「テールデゾム」(Terre des Hommes)による報告書(Kids as Commodities? Child Trafficking and What to do about it, PDF)が、年間100万人以上、毎月10万人以上の子どもが人身取引の対象とされていると報告。多くの場合、もっとも素朴な対応は当事者の子どもにいちばん適したものではないとも指摘している。……詳細はSrop Child Traffickingのウェブサイトを参照。 プレスリリース
武力紛争:ウガンダ・シエラレオネの子ども兵士〔報告書〕 ISS project Interact - Children in Armed Conflictがウガンダシエラレオネの子ども兵士に関する2冊のモノグラフを刊行。

|

« ■CRC勧告の特徴9 | トップページ | ■チャイルドラインの国際動向 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10627/670613

この記事へのトラックバック一覧です: ■CRINMAIL578号:

« ■CRC勧告の特徴9 | トップページ | ■チャイルドラインの国際動向 »