« ■CRINMAIL591号 | トップページ | ■子どもプラス18号 »

2004.07.16

■CRINMAIL592号

7月15日付CRINMAIL592号もひきつづきバンコク国際AIDS会議特集です。過去の記事(Archives)および購読登録はこちらから。

親のいない子ども:瀬戸際の子どもたち2004――AIDSがなければ親のいない子どもの人数は減る見込み〔報告書〕 ソース:ユニセフ/UNAIDS/USAID
若者とHIV/AIDS:AIDSに対する国際的対応のなかで意見表明の機会とアクセスの拡大を要求する若者たち〔ニュース〕 国際AIDS会議に参加した約40人の若者代表は、「私たちは問題ではなく解決策です」「おとなたちは、やるべきこととその方法を私たちに延々と話すのではなく、若者の声に耳を傾けるべきです」などと表明。……ユニセフの支援により行なわれた若者との協議の結果については、ファクトシート "Young People Speak Out - Meeting our Rights to HIV Prevention and Care"(ワード)参照。「バンコク若者宣言」(ワード)も参照。
HIV/AIDSに関する事実と統計:AlertNetのオンライン・リソース〔ニュース・情報〕
バンコクのニュース:新着記事・リソース〔ニュース〕 「スリー・バイ・ファイブ・イニシアチブ:HIV/AIDSとともに生きる人々300万人の治療を2005年までに」/「マンデラ、結核との闘いを呼びかけ」/「米当局の国際AIDS政策に抗議の声」/「国連が支援するグローバル・メディアAIDSイニシアチブ、ロシア・インド・中国・インドネシア・米国のHIV/AIDSに対応するための新たなメディアのとりくみを発表」/「セックス・ワーカーがHIV/AIDS予防における発言権の拡大を要求」/「AIDSにより平均余命が35歳を切るアフリカ諸国も
ベトナム:ベトナムにおけるHIV/AIDSへのとりくみの成功が未来の世代の希望に〔ニュース〕 ソース:セーブ・ザ・チルドレン
ブルンジにおける国連活動:子どもの保護アドバイザー求人
ワールド・ビジョン:子どもの権利政策アドバイザー求人

|

« ■CRINMAIL591号 | トップページ | ■子どもプラス18号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10627/980185

この記事へのトラックバック一覧です: ■CRINMAIL592号:

« ■CRINMAIL591号 | トップページ | ■子どもプラス18号 »