« ■CRINMAIL672号 | トップページ | ■CRINMAIL673号 »

2005.04.27

■CRINMAIL(RBP)10号

4月28日付CRINMAIL:RBP(権利基盤型プログラミング)10号より。過去の記事(Archives)および購読登録はこちらから。CRIN「プログラミングに対する人権基盤型アプローチ」のページも参照。

セーブ・ザ・チルドレン:権利基盤型アプローチの採用・実施における進展の評価〔研究〕
子どもの権利:何が違うのか? 権利基盤型プログラミングにおける子どもへの焦点の意味合い〔ペーパー〕
権利と水:市民行動プロジェクト 「『命のための水』国際の10年」を機に WaterAid が立ち上げたプロジェクト。詳細はこちらのニュース参照。
司法制度:刑務所に住む乳幼児〔情報募集〕 クウェーカー国連事務所が、母親とともに刑務所で暮らす乳幼児についての研究(PDF)をもとに法規・政策等のガイドライン案(PDF)を作成し、意見を募集中。
CRIN:プログラミングに対する権利基盤型アプローチについての執筆ガイドライン〔情報募集〕

|

« ■CRINMAIL672号 | トップページ | ■CRINMAIL673号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10627/3915340

この記事へのトラックバック一覧です: ■CRINMAIL(RBP)10号:

» 子ども・若者排斥運動 [オルタナティブ大学 on Blog]
 現在、2つの都市で子ども・若者排斥運動が行われつつある。  1つは大阪府の不登校「半減」政策であり、これにはもう予算も人員もついてしまっている。もう1つは、横浜の青少年の夜間外出を規制する条例である。こちらはまだ検討中だ。  大阪府の政策は、子どもを学校に閉じ込めておきたいのだ。これは、街中に子どもが自由に行き来することを許さないという意思表示だ。経済効率優先と、大人の子どもに対する優位者としてのプライ... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 21:19

« ■CRINMAIL672号 | トップページ | ■CRINMAIL673号 »